2010年04月01日

民主党 参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は31日、京都市と静岡市で会見し、参院選京都、静岡両選挙区(ともに改選数2)で現職に続く2人目の新人候補擁立を発表した。

 京都では府連が推す女性を拒否し、昨年の衆院選で初当選した河上満栄衆院議員(比例代表近畿ブロック)をくら替えさせる。衆院選での民意を重く見ない異例の対応には批判も出そうだ。

 「衆院の議席を失うのは残念だが、参院の勝利によって民主党の支援者に報いることができる」。小沢氏は京都市での会見で、参院での単独過半数を優先する考えを強調した。

 河上氏は「小沢チルドレン」の一人。小沢氏は、昨年の衆院選で青木愛氏に参院議員を辞職させ、東京12区で太田昭宏公明党代表(当時)にぶつけた。07年の岩手県知事選では、達増拓也氏に衆院議員を辞職させ立候補させた。が、今回は府連が公認申請した人物を拒否し、独断で擁立した。地元選出の国会議員は「小沢氏の政治とカネの問題で2人当選が困難になっているのに」と強く反発している。

 一方、静岡では連合静岡の吉岡秀規会長が「内閣支持率低下の原因は小沢氏にある。小沢氏が辞職願を出してほしい。そうすれば2人擁立にも真剣に向き合う」とぶちあげた。

 31日、会社員の中本奈緒子氏(30)を立てた小沢氏は、2人目を擁立しない方針を決めていた県連を「例外というわけにいかない」と批判したが、小沢氏が選挙戦略の基本としてきた連合の地方組織から火が噴いた格好だ。【念佛明奈、平林由梨】

【関連ニュース】
参院選:政府・民主党 マニフェスト策定へ実質議論を開始
鳩山首相:郵貯限度500万円主張「5年前の話だ」
民主党職員:国が給与 内閣官房在籍の調査員
小沢幹事長:参院選長野「2人目は党本部直営」
郵政改革:首相、連立を優先 郵貯上限2千万円

<金子みすヾ展>大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)
小6いじめ自殺で和解=道、市が遺族に謝罪−条項に再発防止策も・札幌地裁(時事通信)
たばこ増税で6割が「禁煙」決意!?(産経新聞)
中国の死刑執行通告で首相「大変残念だ」(読売新聞)
証拠ないのに発表、違和感…銃撃事件で元長官(読売新聞)
posted by ヨコタ トシオ at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。