2010年04月02日

民主支持の茨城県医師会長が初当選、日医会長選(産経新聞)

 日本医師会(日医、会員約16万6千人)の会長選挙が1日、東京都の日本医師会館で行われ、茨城県医師会長の原中勝征氏(69)が、現職の唐沢祥人氏(67)、京都府医師会長の森洋一氏(62)らを破り初当選を果たした。任期は2年。原中氏は民主党支持者で、日医も夏の参院選に向け民主党支持へ方針転換する可能性が高い。

 3氏による事実上の三つどもえとなった今回の会長選は「民主党との関係」が最大の争点。原中氏は昨年の衆院選前から民主党支持を表明し、民主党とのパイプの太さを強調。4月から診療報酬全体が10年ぶりに引き上げられたことを実績としてアピールしていた。

 敗れた唐沢氏は政権交代後に自民党一党支持を撤回したが、参院選で自民党の西島英利氏(61)を組織内候補として推薦する方針を堅持したことが批判を呼んだ。「政治的中立」を訴えた森氏は出遅れが響いた。

 代議員の投票結果は原中氏131票、森氏118票、唐沢氏107票、京都府医師会員の金丸昌弘氏(44)0票だった。

 原中氏は昭和41年、日大医学部卒。東大助教授などを経て平成16年から茨城県医師会長。福島県出身。

【関連記事】
小沢vs反小沢の“代理戦争”と話題…日医会長選の行方は
与党との距離で見解に差 日医会長選で演説会
自民への献金を日医連が凍結
大阪府医師会長に“民主寄り”伯井氏初当選 日医会長選に影響
民主党政権初の診療報酬改定、病院重視の政務三役に医系議員が巻き返し

鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)(医療介護CBニュース)
【視点】「なぜ犯人」解明されぬまま(産経新聞)
<脱税>「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監(毎日新聞)
<普天間問題>徳之島への移設に「断固反対」…鹿児島県(毎日新聞)
posted by ヨコタ トシオ at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。