2010年05月20日

おなかの下から初めまして、ペンギン赤ちゃん(読売新聞)

 今月生まれたばかりのイワトビペンギンのヒナが、秋田県男鹿市の男鹿水族館「GAO」で人気を集めている。

 3組のつがいから1日に双子、5日と11日に各1羽と開館以来最多の4羽のヒナが誕生し、現在3羽がお披露目されている。黒い羽毛に覆われ、親のおなかの下から顔を出す姿が愛らしい。

 イワトビペンギンはヒナを1羽しか育てられないため、双子の1羽は飼育員が育てている。担当の高橋深雪さん(29)は「初めての試みだけど成長は順調。夏頃には、展示場で泳ぐ姿を見られるはず」と話している。

「高齢者にこそiPad」―インターリンクが無料講座(医療介護CBニュース)
増える鬱病に現場は混乱 身近になった一方で自己判断での思いこみも(産経新聞)
大江氏、幸福実現党に入党 でも幸福の科学へは入信しません(スポーツ報知)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
新潟で震度3(時事通信)
posted by ヨコタ トシオ at 06:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。