2010年04月24日

<掘り出しニュース>親子タケノコ、府中で見つかる (毎日新聞)

 【東京】府中市若松町4の民家敷地内の竹林で19日、大きなタケノコに半分くらいのタケノコがくっついた「親子タケノコ」が見つかった。掘り出した森田春文さん(81)は「50年ほどこの場所で掘っているけど初めて見た。親が子をおぶってるみたい」と驚いている。

 見つかったタケノコは長さ約30センチで孟宗竹(もうそうちく)と呼ばれる種類とみられる。根元近くから約15センチの小さなタケノコが生えているが、根元部分は一つのタケノコに見える。

 富士竹類植物園(静岡県長泉町)の柏木治次研究員によると、タケノコは人間に双子が生まれるように、まれに二つに分岐することがあるといい、五つに分かれたケースも報告されている。何らかの原因で先端の成長点が別れて細胞分裂を繰り返し、それぞれが成長するためだという。【池田知広】

アリタリア航空が再開=南回りルート、外国人客で満席−成田空港(時事通信)
<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)
少年少女バイク窃盗団、37人逮捕・書類送検(読売新聞)
<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報(産経新聞)
posted by ヨコタ トシオ at 02:42| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

棚田オーナー制度 現状と課題 国土守る中山間地農業/耕す苦労知って(産経新聞)

 傾斜地の上から下に小さな田んぼが階段状に広がる棚田は、どこか懐かしさをかき立てる。一方で一枚一枚が小さな水田は大規模な機械化ができず、効率的な農業経営は不可能に近い。そんな棚田を守るオーナー制度が始まって20年近くがたつ。まもなく農作業も本格化。棚田オーナーになって農業の大切さに思いをはせてみませんか。(太田浩信)

                   ◇

 ◆取り組みから18年

 棚田は稲作生産地としての機能だけでなく、国土保全にも大きな役割を果たす。その一つが山に降った雨を蓄え、洪水から守る小さなダムの集合体ともいえる機能だ。蓄えた水は一部を地下に浸透させ、水源を維持。常に農作業を行い水田を維持することによって傾斜地の地形を守り、地滑りなどの自然災害を防ぐ役割も担う。

 水源地に近い清らかな水辺には多様な生物が生息し、カエルなどの小動物や昆虫、さまざまな植物などからなる豊かな生物環境をはぐくむ。

 そんな棚田だが、生産者の高齢化や過疎化などから生産者が耕作をあきらめ、荒廃地が増えている。こうした状況に危機感を抱き、考案されたのが棚田オーナー制度だ。地域に都会の人を呼び込むことで再び活力を呼び戻そうとする取り組みは平成4年、高知県梼原(ゆすはら)町でスタート。現在は全国100近い地域でオーナー制度が行われているという。

 オーナー制度には、(1)農業体験・交流型=田植えなどの農業体験を重点に来訪は2、3回(2)農業体験・飯米確保型=飯米確保を重点に来訪は2、3回(3)作業参加・交流型=作業の種類が多く来訪は4回以上(4)就農・交流型=年10回以上の来訪で小型農業機械なども使用(5)保全・支援型=管理費や保存会など組織運営に充てる金銭的支援−の5つのタイプがある。

 ◆一部でマンネリ化も

 NPO法人棚田ネットワーク(東京都新宿区)の高野光世事務局長は「何よりも都会の人と交流することで棚田の存在意義を知ってもらうことが大事」と制度の意義を説明する。ただ、最初のスタートから20年近く経過し、課題も見えてきた。棚田での作業だけでなくさまざまな地域のイベントに参加するオーナーも多い。一方でマンネリ化してオーナーに登録しても来なくなったり、募集する方も過剰な受け入れやもてなしに疲れて制度を中断した所もあるという。

 「稲作で大変なのは田植え前の田おこしや代かき、稲刈り後の脱穀などの作業。そういう苦労を知らないオーナーが年に2回だけ来ることを前提に募集するところもあるが、そのギャップをもう少し埋められたら」。高野事務局長は中山間地農業の実態をオーナーに知ってもらうことが大切だと指摘し、「何のために制度を開設したのか、何のために応募したのか、ということがとても大事です」とアドバイスする。

 全国の棚田オーナー制度は、棚田ネットワークや全国水土里ネット(全国土地改良事業団体連合会)のホームページで一覧を紹介している。

【関連記事】
門外漢だからこその使命感 『脱サラ農業で年商110億円!元銀行マンの挑戦』
寒い!異常気象で混乱続々 野菜高騰、交通網に打撃も
規格外野菜を実験販売 イオン、高騰受けて
過疎の村で学んだ 農業の大切さ
中南米大使らが田植え体験 赤松農相が招待、千葉で

「手当より仕事」自民、参院選で公約案(読売新聞)
井上靖の書斎、世田谷から郷里・旭川に移築へ(読売新聞)
<村本さん死亡>13日夕に無言の帰国 司法解剖へ(毎日新聞)
火山噴火 降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
滑って転倒、7人けが=季節外れの降雪で−東京(時事通信)
posted by ヨコタ トシオ at 22:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

広島市長、非核三原則法制化を要望=首相は慎重姿勢(時事通信)

 広島市の秋葉忠利市長と藤田博之議長は16日午前、首相官邸で鳩山由紀夫首相に会い、非核三原則を法制化するよう要望した。これに対し、首相は「今後も非核三原則の順守を内外に向かって表明したい。ただ、法制化するかどうかについては検討させてほしい」と慎重姿勢を示した。
 秋葉市長らは、外務省の有識者委員会が核搭載艦船の寄港・通過を日米間の「広義の密約」と認定したことを受け、三原則の厳守を要望。同市長は記者団に「被爆者の気持ちを尊重すると(三原則は)絶対に緩めてはいけない」と強調した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
8月の広島訪問、首相に伝達=国連総長
日本の核安保貢献策要旨=核サミット
アジア技術者育成へ拠点=原子力平和利用に貢献表明
核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着

1.1メートル16キロの大型イカ生け捕り 愛媛(産経新聞)
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕(産経新聞)
民主、ネット選挙解禁へ素案=自民も要綱、今夏適用は不透明(時事通信)
<大崎市長選>現職の伊藤氏が再選 宮城(毎日新聞)
posted by ヨコタ トシオ at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。